「毛利元就 誓いの三矢」の攻略はこちらで

毛利三代 戦いの軌跡 (年表)

できごと
1497年
(明応6年)
毛利弘元に次男・元就(幼名:松寿丸)誕生。母は福原広俊の娘。誕生地は母の実家・鈴尾城(福原城)と言われている。
1500年
(明応9年)
松寿丸の兄・毛利興元が家督を相続。毛利弘元は松寿丸と共に多冶比猿掛城に移り隠居。
1501年
(文亀1年)
松寿丸の母(弘元の正室)が34歳で死去。
1506年
(永正3年)
毛利弘元が39歳で死去。多冶比猿掛城は松寿丸に譲られる。
1511年
(永正8年)
元服して松寿丸から毛利元就に改名。
1515年
(永正12年)
毛利興元に嫡男・幸松丸が誕生。
1516年
(永正13年)
毛利興元が24歳で死去。幸松丸が家督を相続し、元就と外祖父・高橋久光が後見人。
1517年
(永正14年)
有田中井手の戦い。安芸国旧守護・武田元繁が、毛利氏・吉川氏らの勢力下にある有田城(城主・小田信忠)を攻撃。初陣の元就率いる毛利・吉川連合軍が辛うじて武田軍を撃退。※第一話 有田城の戦い
1521年
(大永1年)
幸松丸の後見人・高橋久光が青屋城攻略戦で討死。
元就が吉川国経の娘を妻に?
1522年
(大永2年)
高橋久光の弔い合戦と称して青屋城を攻略。
山県氏の壬生城を攻略。
1523年
(大永3年)
元就に嫡男・隆元(幼名:少輔太郎)が誕生。
鏡山城の戦い。尼子方に転じて大内方・蔵田房信と対決。房信の叔父・直信を内応させて鏡山城を攻略。※第二話 鏡山城攻略戦
幸松丸が9歳で死去。元就が毛利宗家の家督を相続。
1524年
(大永4年)
謀叛を企てた異母弟・相合元綱を誅殺。尼子氏と謀って元綱に与した坂・渡辺一族も粛清。※第三話 船山城の戦い
佐東銀山城の戦い。尼子方の武田氏を救援。銀山城に攻め寄せた大内軍と戦い、初陣の大内義隆を夜戦で撃退。※第四話 銀山城の戦い
1525年
(大永5年)
大内家重臣・陶興房の仲介で、大内方に帰参。
米山城主・天野興定との盟約が成立。
1527年
(大永7年)
尼子方・武田光和麾下の阿曽沼氏居城・鳥籠山城を攻略。
1529年
(享禄2年)
姻族の高橋興光居城・藤掛城と松尾城を攻略。高橋氏を滅ぼして領地を併呑。
1530年
(享禄3年)
次男・元春(幼名:少輔次郎)が誕生。
1533年
(天文2年)
大内義隆の斡旋で元就が叙任(従五位下右馬頭)。
三男・隆景(幼名:徳寿丸)が誕生。
武田家臣・熊谷信直が毛利傘下に。※第五話 安芸平定戦
1534年
(天文3年)
宍戸氏と和睦、娘・五龍姫を宍戸隆家に嫁がせる。
1535年
(天文4年)
備後甲山城主・山内直通との盟約が成立。
備後多賀山城を攻略、多賀山通続を降伏させる。
1537年
(天文6年)
少輔太郎が人質として山口に。直後に元服して「隆元」を名乗る。
1540年
(天文9年)
吉田郡山合戦(9月〜翌年1月)で、元就が尼子晴久を破る。※第六話 吉田郡山城の戦い
1541年
(天文10年)
大内義隆の命により佐東銀山城を攻略。安芸武田家は滅亡。
隆元が人質の役目を終えて吉田郡山に帰還。
1542年
(天文11年)
元就が大内義隆の出雲遠征(第一次月山富田城合戦)に従軍。
1543年
(天文12年)
第一次月山富田城合戦は大内軍の惨敗に終わり、元就も吉田郡山へ敗走。※第七話 出雲退却戦
少輔次郎が元服し、「元春」を名乗る。
1544年
(天文13年)
尼子晴久が比叡尾山城の三吉広隆を攻めるも、元就が救援し尼子軍を撃破。※第八話 備後迎撃戦
徳寿丸が竹原小早川家の養子となり、木村城に入城。
1545年
(天文14年)
元就の妻・妙玖が死去(享年47歳)。
1546年
(天文15年)
元就が家督を隆元に譲り、形の上では隠居。
1547年
(天文16年)
元春が吉川家の養子となり、家督を相続。この頃、熊谷信直の娘(新庄局)と結婚。
1548年
(天文17年)
大内義隆の命で、山名(杉原)理興の備後神辺城を攻撃。理興は出雲に逃亡(1549年)。※第九話 神辺城攻略戦
1549年
(天文18年)
元就が元春・隆景を連れて山口を訪れ、大内義隆に謁見。
1550年
(天文19年)
元春が日野山城に入城。
井上元兼以下の井上党を粛清。
吉川興経・千法師父子を謀殺。
隆景が沼田小早川家を相続、沼田・竹原の両小早川家は統一。

ページの先頭に戻る