「毛利元就 誓いの三矢」の攻略はこちらで

概要と特長

「このサイトについて」で紹介したように、このゲームでは、中国地方の覇者である戦国大名・毛利氏の戦いの歴史が、一部フィクションを交えながら描かれています。

 

どこがフィクションかというと、史実で言うところの「本能寺の変」のあと。「もし、毛利軍が羽柴秀吉を追撃して倒してしまったら?」という架空の設定に基づいて、以降のストーリーが進んでいきます。

 

ストーリーは全27話。1話について1つないし2つの合戦に参戦することとなり、これに勝つことでシナリオが進んでいくシステムになっています。負けるとそこでゲームオーバー。シナリオの分岐はありません。

 

ストーリーはほぼ史実に沿って丁寧に描かれており、また「本能寺の変」以降の架空編についても、やや強引な展開は見られるものの、物語の設定や推移にいろいろと工夫が凝らされており、非常に好感が持てるゲームデザインです。

 

RPG的要素としては、合戦前の行動によって収集した情報に基づき、調略を仕掛けるといったイベントがあり、その結果、合戦の様相が変わってくることもあるなど、随所に仕掛けが散りばめられています。

 

戦わずして敵を弱体化あるいは内部崩壊させるなど、謀将・毛利元就の真骨頂を存分に味わうことができるわけです。