「毛利元就 誓いの三矢」の攻略はこちらで

後日譚

岐阜城で毛利に敗れた家康は、数名の兵士と城を脱し、三河を目指した。しかし、退却の途中、落武者狩りに遭遇、配下の兵士は一人減り、二人減り……、とうとう家康だけになってしまった。

 

その家康も深手を負い、息も絶え絶え、どうにか尾張の海岸までたどり着いた。

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

家康、最後の言葉。「ああ……、あの頃が……、懐かしいのう……」

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

合掌。

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

福原貞俊
「相模の北条氏政、越後の上杉景勝、土佐の長宗我部盛親、薩摩の島津義久、みな、毛利家への臣従を誓う誓書を送ってきております」

 

志道広忠
「これで朝廷より征夷大将軍に任命されれば、殿は名実ともに天下人でございますな」

 

口羽通良
「しかし、宿敵大友宗麟はいまだに九州で大勢力をかかえておる。油断はなりませぬぞ」

 

毛利輝元
「よし、これより、郡山に帰還し、すぐさま豊後に遠征、宿敵大友家を討つ! 志道広忠、児玉元良はここに残り、京の警護にあたってくれ。児玉就方、国司元武は摂津に入り、畿内勢力を監視してくれ。恵瓊には朝廷との交渉役を任じる。他の者は帰国の準備をすすめてくれ!」

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

最後の最後は……

 

毛利元就,毛利隆元,吉川元春,小早川隆景,毛利輝元

 

お相手は、世鬼政清の養女・くノ一の蛍です。

 

ページの先頭に戻る