「毛利元就 誓いの三矢」の攻略はこちらで

第一章 安芸統一編記事一覧

第一話 「若鷲の初陣」

物語1516年(永正13年)安芸国・吉田の近郊。当時、吉田郡山城を拠点とする毛利氏(当主・毛利興元)と五龍城に拠る宍戸氏(当主・宍戸元源)は、熾烈な勢力争いを演じていました。その戦場の一つに死体の山が築かれています。兵士・甲 「この戦い、長引けば長引くほど死体の山が増えるだけだ」兵士・乙 「いつか俺...

≫続きを読む

 

第二話 「花一輪」

物語「有田城の戦い」で元就に討ち取られた熊谷元直の本拠・安芸高松城では、息子の信直が…熊谷信直 「元就…父の仇…いつか必ずや討ち果たさん」尼子の月山富田城でも尼子経久以下、元就勝利の報に驚きを隠せません。尼子経久 「(亀井)秀綱、元就を味方に付けられぬか?」抱き込みにかかります。亀井秀綱 「殿の奥方...

≫続きを読む

 

第三話 「兄と弟」

物語鏡山城攻略戦の後始末。尼子方に内応した蔵田直信ですが、尼子経久の一声によって裏切りの甲斐もなく処断されました。元就が空手形を発行して騙した形になりましたが、初めから陥れるつもりではなく、尼子にはもっと寛大な措置を期待していたようです。次の相合元綱の一件とも合わせて、尼子に対する不信感が芽生え、気...

≫続きを読む

 

第四話 「訣別の時」

物語船山城の戦いに敗れた相合元綱一派(坂広秀一派?)、尼子領に逃れましたが、待ちかまえていた尼子家臣・亀井秀綱に謀殺されました。そりゃそうでしょ。その亀井秀綱、わざわざ吉田郡山城にまで現れて…亀井秀綱 「尼子領に落ち延びた相合元綱、坂広秀を討ち取り、その首並びに遺体を引き渡しに参った次第」そこまでや...

≫続きを読む

 

第五話 「盟主の条件」

物語銀山城の戦いで深手を負った吉川元経、亡くなりました。尼子晴久 「よい武将だったが、仕方あるまいな。ともかく戦には勝ったのだ」あなた、友軍の将が命を落としたというのに祝宴って…吉川元経と同じ状況にありながら、幸いにも命拾いした熊谷信直は、さすがにいたたまれなくなったのか「失礼いたす」とひと言残して...

≫続きを読む

 

第六話 「出雲の虎」

物語元就の安芸統一戦は、吉川・武田を尼子方に残したまま断念せざるを得なかった。毛利家は勢力を拡大したものの、尼子と対抗できるまでには至らず、安芸統一の夢を一時断念するほかなかった。そして、数年の歳月が流れた。毛利家では三男・徳寿丸が生まれ、大内家では義興が死んで義隆が当主となり、武田家では討死した光...

≫続きを読む

 

第七話 「愚かな行軍」

物語吉田郡山合戦後、応援の陶晴賢から「近く隆元が山口から郡山に戻る」と知らされます。さっそくおかたに報告。彼女の喜びようは言うまでもありません。口羽・児玉・国司らの軍が銀山城攻略に成功したとの報告。名門・安芸武田家は滅亡です。武田の遺児(竹若丸)は安国寺へ身を寄せました。のちに毛利の外交僧として活躍...

≫続きを読む

 

第八話 「百万一心」

物語第七話の出雲遠征、散々な結果に終わりました。元就一行はからくも窮地を逃れ、九死に一生を得た。大内義隆も逃げ切り、大内軍は最悪の事態だけはまぬがれた。…とゲーム内では説明がありますが、史実では、大内義隆の養嗣子・晴持が海路での脱出に失敗して溺死しています。陶晴賢は、飢えに苦しむ兵を見かねて米を10...

≫続きを読む

 

第九話 「三矢の訓え」

物語吉川家当主・興経ですが、大内と尼子の間で帰順・離反をくり返し、強権発動・独断専行・唯我独尊・自画自賛(?)…その他もろもろによって、すっかり家臣に愛想を尽かされてしまいました。後見人的立場にある叔父の経世、重大な決意を秘めて吉田郡山城を訪れる決意を固めます。その毛利家。前話で病の床についた元就夫...

≫続きを読む

 

第十話 「叛将陶晴賢」

物語1549年(天文18年)2月、元就は元春と隆景を伴って山口に大内義隆を表敬訪問しました。名目は自身の引退の挨拶(1546年に毛利宗家の家督は隆元が相続)と、長年にわたる厚恩への感謝のための伺候です。義隆は大いに喜び、陶晴賢ら大内重臣たちも、連日のように酒宴を設けて歓待したそうです。このときの様子...

≫続きを読む

 

第十一話 「謀略」

物語義隆亡き後の大内家当主ですが、陶晴賢ら重臣たちの協議の結果、大友宗麟の弟・大友晴英(はるふさ)が擁立されることとなりました。晴英の母は大内義隆の姉であり、つまり晴英は義隆の甥にあたるわけです。陶晴賢からの要請を受けた大友家では、ひと悶着起こります。大友宗麟 「たしかにお前は大内義隆殿の甥。大内家...

≫続きを読む

 

第十二話 「奇襲! 厳島」

物語折敷畑の戦いでの敗戦を受けて、大内首脳の評定。意外なことに江良房栄が…内藤隆世 「なんと! 何を言われるか江良殿!」白井賢胤 「臆したか!」江良房栄 「元就と戦えば、たとえ勝つにせよ、こちらも無事ではすみませぬ」陶晴賢 「そんなことはわかっておる。元就の実力はわしが誰よりも認めておる。だからこそ...

≫続きを読む