「毛利元就 誓いの三矢」の攻略はこちらで

毛利元就「猛悪無道」と呼ばれた男

戦国毛利氏入門書としては最適。というか、これ一冊で元就誕生から輝元死去までの毛利氏の変遷を把握できます。

 

文体は現代調で平易。少々風情には欠けるきらいはありますが、読んでいて疲れません。

 

それでいて、年表に毛が生えたような通り一遍の記述ではなく、最新の研究成果も交えながら、かなり掘り下げた内容になっています。

 

例えば、籠城戦と考えられてきた「吉田郡山城の戦い」の実相や「折敷畑の戦い」の虚実、「大寧寺の変」(陶隆房による大内義隆弑逆事件)前後の元就の行動など、従来の定説を覆すような考察が、圧倒的な説得力をもって記されています。

 

元就はもちろんですが、早世したため弟たちに比べて影の薄い嫡男・隆元や、両川体制が機能不全に陥った孫の輝元の時代まで記述が及んでいて、戦国大名・毛利氏を知るにはイチオシの良書かと。

 

非情な策謀家・冷徹な野戦指揮官・穏和な家庭人…といくつもの顔を持つ毛利元就にふれてみてはいかがでしょうか。